日本の女性研究者

農学

研究者リスト >> 三好 恵真子
 

三好 恵真子

 
アバター
研究者氏名三好 恵真子
 
ミヨシ エマコ
所属大阪大学
部署人間科学研究科 人間科学専攻
職名教授
学位博士(学術)(大阪市立大学)
その他の所属大阪大学, 大阪大学, 大阪大学

プロフィール

We have been studying the environmental issues by a dynamic global-local approach to understanding, ameliorating and resolving these problems. Our research laboratory has been based upon presumption that an integrated interdisciplinary approach is in many cases greater than the sum of individual researches, in order to achieve implementable developments in sustainability for communities. Moreover, it takes the conventional approach in the field of seeking out the special characteristics of local communities, while simultaneously seeking new ways of understanding the local in the context of an increasingly complex global environment.

I have been continuously putting all my strength into the academic environment in order to bring out the full potential of each individual.

研究キーワード

 
地域研究 , 食品物性学 , 人間環境論 , サステイナビリティ・サイエンス , ヒューマン・セキュリティ , レオロジー , ゲル

研究分野

 
  • 生活科学 / 食生活学 / 
  • 環境学 / 放射線・化学物質影響科学 / 
  • 基礎生物学 / 生態・環境 / 
  • 農芸化学 / 食品科学 / 
  • 生活科学 / 生活科学一般 / 
  • 環境学 / 環境影響評価・環境政策 / 
  • 環境学 / 環境技術・環境材料 / 

経歴

 
2016年
 - 
現在
大阪大学 人間科学研究科 環境行動学 教授
 
1992年
 - 
1993年
:  東京農業大学農学部栄養学科 助手  
 
1997年
 - 
1998年
:  大阪外国語大学外国語学部国際文化学科開発・環境講座 講師  
 
1999年
 - 
2007年
:  大阪外国語大学外国語学部国際文化学科開発・環境講座 准教授  
 
2008年
 - 
2016年
-: - 大阪大学大学院人間科学研究科グローバル人間学専攻人間開発学講座 准教授  
 

学歴

 
 
 - 
1996年
大阪市立大学 生活科学研究科 食品栄養科学
 
 
 - 
1996年
大阪市立大学 生活科学研究科 
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
日本生活学会  日本生活学会学術委員会委員長
 
2012年
 - 
現在
日本生活学会  日本生活学会理事
 
2012年
 - 
現在
日本生活学会  日本生活学会学術委員
 
2007年
 - 
現在
中国文化フォーラム  中国文化フォーラム編集委員
 
2016年5月
 - 
2017年3月
大阪府能勢町  食育・食農推進懇談会構成員
 
2012年
 - 
2014年
日本学術振興会  日本学術振興会科研費委員専門委員
 

受賞

 
2013年9月
環境科学学会 環境科学会2013 年会優秀発表賞
 
1996年
日本リーバ研究奨学金
 
1988年
成瀬仁蔵記念奨学金(日本女子大学創設者賞)
 

論文

 
Miyoshi,E., Takaya,T. and Nishinari,K.
Food Hydrocoll      1994年6月   [査読有り]
Miyoshi,E., Takaya,T. and Nishinari,K.
Food Hydrocoll.      1994年6月   [査読有り]
Kawabata,A., Takase,N., Miyoshi,E., Sawayama,S., Kimura,T. and Kudo,K.
Starch/Sterke      1994年12月   [査読有り]
Effects of Sugars on the Gel-Sol Transition of Agarose and κ-Carrageenan
Nishinari,K. Watase,M., Miyoshi,E. Takaya,T. and Oakenfull,D.
Food Technology      1995年8月   [査読有り]
Gel-Sol Transition in Gellan Gum Aqueous Solutions
Miyoshi,E., Takaya,T., and Nishinari,K.
Makromol.Symp.      1995年10月   [査読有り]
Miyoshi,E., Takaya,T., and Nishinari,K.
Thermochim. Acta      1995年12月   [査読有り]
Miyoshi,E., Takaya,T., William,P.A. and Nishinari,K.
J.Agric.Food Chem.      1996年8月   [査読有り]
Miyoshi,E., Takaya,T. and Nishinari,K.
Carbohydr.Polym.      1996年12月   [査読有り]
Nishinari,K., Miyoshi,E., Takaya,T. and William,P.A.
Carbohydr.Polym.      1996年12月   [査読有り]
Rheological and DSC Studies on Mixtures of Gellan Gum and Konjac Glucomannan
Miyoshi,E., Takaya,T., Williams,P.A. and Nishinari,K.
Macromol.Symp.      1997年6月   [査読有り]
Miyoshi,E., Takaya,T and Nishianri,K.
Polymer Gels & Networks      1998年10月   [査読有り]
Miyoshi,E. and Nishianri,K.
Colloid Polym.Sci.      1999年1月   [査読有り]
Rheological and Thermal Properties near the Sol-Gel Transition in Gellan Gum Aqueous Solutions
Miyoshi,E. and Nishianri,K.
Progress in Colloid & Polymer Science ; Physical Chemistry and Industrial Application of Gellan Gum.      1999年10月   [査読有り]
Effects of Sugars on the Sol-Gel Transition in Gellan Gum Aqueous Solutions
Miyoshi,E. and Nishianri,K.
Progress in Colloid & Polymer Science ; Physical Chemistry and Industrial Application of Gellan Gum.      1999年10月   [査読有り]
Oakenfull, D., Miyoshi,E., K.Nishinari and Scott,A.
Food Hydrocoll.      1999年12月   [査読有り]
The Different Effects of Monovalent and Divalent Cations on the Gel-Sol Transition in Gellan Gum Aqueous Solutions
Miyoshi,E., Takaya,T. and Nishinari,K.
Reports on Progress in Polymer Physics in Japan      1994年12月   [査読有り]
Rheological and Thermal Properties of Gellan Gum Solutions by Dynamic Viscoelastic Measurement and Differential Scanning Calorimetry
Miyoshi,E., Takaya,T., and Nishinari,K.
Reports on Progress in Polymer Physics in Japan      1995年12月   [査読有り]
Mixtures of Gellan Gum and Konjac Glucomannan I. Rheological Study
Nishinari,K., Miyoshi,E., Takaya,T. and William,P.A.
Reports on Progress in Polymer Physics in Japan      1995年12月   [査読有り]
Mixtures of Gellan Gum and Konjac Glucomannan II. DSC Study
Nishinari,K., Miyoshi,E., Takaya,T. and William,P.A.
Reports on Progress in Polymer Physics in Japan      1995年12月   [査読有り]

Misc

 
発酵多糖類の研究開発の応用と展望
フードケミカル   (8) 25-32   1995年
ジェランガム水溶液のゾルーゲル転移
高分子加工   46(4) 164-172   1997年
三好 恵真子, 粂野 恵子, 大久保 昌子, 高橋 雅江, 中浜 信子
澱粉科学   39(4) 253-260   1992年
三好 恵真子, 粂野 恵子, 大久保 昌子, 高橋 雅江, 中浜 信子
澱粉科学   40(4) 383-389   1993年
杉山法子, 鈴野弘子, 三好恵真子, 沢山茂, 川端晶子
調理科学   26(4) 315-326   1993年

書籍等出版物

 
『不思議な夢が教えてくれたもの“環境,開発,まちづくり” -身近な生活から環境・開発問題を考える読み物-』
三好恵真子
三恵社   2004年10月   ISBN:4-88361-276-7
A Basic Research on Functional Properties of Biodegradable Polymers (Mainly Antifreeze Protein) and its Applications/「生物資源(主として不凍タンパク質)の機能性発現とその応用開発に向けた基礎的研究」
Miyoshi,E.
Reports of Research Project, Grant-in-Aid for Scientific Research (2005~2007)   2008年5月   
「如何勾建中国食品的危机勾通―通寸中国産冷餃子中毒事件検証食品安全性及消費者的安心和信頼―/中国食品を巡るリスクコミュニケーションの構築を目指して:中国製冷凍ギョーザ中毒事件を通じての食の安全と消費者の安心・信頼の検証」『第三届現代中国社会変動與東亜新格局』
三好恵真子, (日本大阪大学中国文化論壇,南開大学歴史学院,東華大学歴史学系 編) (担当:共著)
日本大阪大学中国文化論壇,南開大学歴史学院,東華大学歴史学系   2009年8月   
『低利用生物資源由来の不凍タンパク質の機能性発現とその応用開発に向けた基礎的研究』
三好恵真子
平成20年度ヒューマンサイエンスプロジェクト研究成果報告書   2009年10月   
「理想化される女性の身体像-自己対象化から考察するスリム・ダイエット志向-/Idealized Body Image in Women: Self-objectification manifested by persistent body surveillance」(武田佐知子編)『着衣する身体』
三好恵真子(武田佐知子編) (担当:共著)
科学研究費補助金(基盤研究(A))『着衣する身体と女性の周縁化』   2010年3月   
『食を取り巻く環境』
三好恵真子(編) (担当:共著)
健康大阪21食育推進企業団、大阪府主催、食育ヤングリーダー支援助成事業   2010年3月   
「グローバル化する環境問題への挑戦-文理融合研究の新たな可能性-」『グローバル人間学の世界』
三好恵真子(中村安秀・河森正人 編) (担当:共著)
大阪大学出版会   2011年4月   ISBN:978-4-87259-296-2
「理想化される女性の身体像-自己対象化から考察するスリム・ダイエット志向-」『着衣する身体と女性の周縁化』
三好恵真子(武田佐知子 編) (担当:共著)
思文閣出版   2012年3月   ISBN:978-4-7842-1616-1
「第5章人間の安全保障:中国の環境問題をどう捉えるべきか:サステイナビリティ学の実践的展開を目指して」『共進化する現代中国研究―地域研究の新たなプラットフォーム』
三好恵真子(田中仁・三好恵真子 編) (担当:共著)
大阪大学出版会   2012年3月   ISBN:978-4-87259-394-5
「終章:21世紀東アジアにおける人間の安全保障構築に向けて」『共進化する現代中国研究―地域研究の新たなプラットフォーム』
三好恵真子(田中仁・三好恵真子 編) (担当:共著)
大阪大学出版会   2012年3月   ISBN:978-4-87259-394-5

所属学協会

 
環境科学会 , 資源素材学会 , 廃棄物資源循環学会 , 日本レオロジー学会 , 日本食品科学工学会 , 日本環境教育学会 , American Association of Cereal Chemists(AACC) , 食品ハイドロコロイド研究会 , 日本地球化学会 , 日本現代中国学会 , 日本生活学会 , The Japan Association for Modern China Studies

Works

 
東アジアのPM2.5汚染の固有性を解明するための最先端科学知による文理融合研究
その他   2017年4月
都市鉱山から鉄鋼用レアメタルの回収技術の開発とシステム化の研究
その他   2012年
都市鉱山(廃棄携帯電話)開発に関する共同研究
三好恵真子,姉崎正治 晃立工業(株)   その他   2011年1月
未利用廃棄物・大根葉からの不凍タンパク質製造およびその応用開発
その他   2004年
大阪大学「最先端ときめき研究推進事業」プログラム「バイオサイエンスの時代における人間の未来」
その他   2010年
脈波におけるカオス解析を利用したうつ病の早期発見並びに治療に貢献する手法の確立
その他   2015年4月
中国の食の安全・安心・信頼を巡るリスクコミュニケーションの構築を目指す実践的研究
三好 恵真子   その他   2010年4月
生物資源(主として不凍タンパク質)の機能性発現とその応用開発に向けた基礎的研究
2005年
民族性の違いによる食品テクスチャーの感覚的評価に関する研究
2001年
生分解性多糖類(主としてジェランガム)の構造と物性に関する研究
1999年
現代「中国」の社会変容と東アジアの新環境
2008年
着衣する身体と女性の周縁化
2006年

競争的資金等の研究課題

 
東アジアのPM2.5汚染の固有性を解明するための最先端科学知による文理融合研究
科学研究費補助金: 基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 三好 恵真子
脈波におけるカオス解析を利用したうつ病の早期発見並びに治療に貢献する手法の確立
科学研究費補助金: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 三好 恵真子
21世紀課題群と中国
大阪大学: 未来研究イニシアティブ・グループ支援事業
研究期間: 2013年 - 2016年3月    代表者: 田中 仁
バイオサイエンスの時代における人間の未来
大阪大学: 「最先端ときめき研究推進事業」プログラム
研究期間: 2010年 - 2015年3月    代表者: 檜垣 立哉
中国の食の安全・安心・信頼を巡るリスクコミュニケーションの構築を目指す実践的研究
科学研究費補助金: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 三好 恵真子
都市鉱山から鉄鋼用レアメタルの回収技術の開発とシステム化の研究
公益財団法人: 鉄鋼環境基金第33回(2012年度)研究助成
研究期間: 2012年   
未利用廃棄物・大根葉からの不凍タンパク質製造およびその応用開発
経済産業省: 平成16年度地域新生コンソーシアム研究開発事業および地域新規産業創造技術開発費補助事業
研究期間: 2004年 - 2008年    代表者: 小幡 斉
ベトナムにおける食用植物利用の有効性及び安全性に関する知の構築と教育のための予備的調査研究
文部科学省: 平成18年度文部科学省国際教育協力イニシアティブ
研究期間: 2006年       代表者: 住村欣範
生分解性多糖類(主としてジェランガム)の構造と物性に関する研究
科学研究費補助金: 奨励研究(A)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 三好恵真子
民族性の違いによる食品テクスチャーの感覚的評価に関する研究
科学研究費補助金: 奨励研究(A)
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 三好恵真子
生物資源(主として不凍タンパク質)の機能性発現とその応用開発に向けた基礎的研究
科学研究費補助金: 基盤研究(C)
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 三好恵真子
現代中国研究:大阪大学における研究・教育プラットホーム構築のための条件整備
市川国際奨学財団: 国際教育・学術・文化助成
    代表者: 田中 仁