日本の女性研究者

社会科学

研究者リスト >> 三宮 真智子
 

三宮 真智子

 
アバター
研究者氏名三宮 真智子
 
サンノミヤ マチコ
所属大阪大学
部署人間科学研究科 人間科学専攻
職名教授
学位学術博士(大阪大学)
その他の所属大阪大学
科研費研究者番号90170828

研究キーワード

 
創造的思考 , コミュニケーション , メタ認知 , 認知心理学

研究分野

 
  • 科学教育・教育工学 / 教育工学 / 
  • 心理学 / 教育心理学 / 

委員歴

 
2018年11月
 - 
現在
日本心理学会  国際賞選考委員会委員
 
2018年11月
 - 
現在
日本心理学会  教育研究委員会委員
 
2017年6月
 - 
現在
日本教育工学会  評議員
 
2014年10月
 - 
現在
日本学術会議  連携会員
 
2013年6月
 - 
2017年6月
日本教育工学会  理事
 
2014年4月
 - 
2017年1月
日本教育心理学会  教育心理学年報編集委員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
大学設置・学校法人審議会  大学設置分科会 教育学・保育専門委員
 
2011年6月
 - 
2013年6月
日本教育工学会  評議員
 
2007年7月
 - 
2013年6月
心理学ワールド(日本心理学会発行)  編集委員
 
2003年6月
 - 
2011年6月
日本教育工学会  理事
 

受賞

 
1990年
日本教育工学会 日本教育工学会研究奨励賞 遠隔通信メディアを介した人間の対話行動の分析:電話・手紙・コンピュータによるコミュニケーション
 

論文

 
大学生のSense of Coherenceが抑うつと主観的幸福感に及ぼす影響に対する自発的な自己観の好ましさによる媒介効果の検討
磯和壮太郎,野口直樹,三宮真智子
Journal of Health Psychology Research   31(2)    2019年2月   [査読有り]
磯和壮太郎,三宮真智子
パーソナリティ研究   27(2)    2018年11月   [査読有り]
真下知子,三宮真智子
大阪大学教育学年報   (23)    2018年3月
相手の視点に立って物事をとらえようとする視点取得は,他者とのコミュニケーションに重要な役割を果たしている。本研究では,視点取得への介入教示によってアドバイス場面における他者の言動認知がどのように異なるか,産出されたアドバイスの種類に違いがあるかを検討した。グループワークで,勝手に物事を進めてしまう友人Aに他者の意見も聞くようアドバイスすべき場面で,相手視点群にはAの考えや思いを推測するよう教示し,自己視点群にはAの言動を評価するよう教示した後,Aへの発話を記述させた。その結果,相手視点群,...
西森章子,三宮真智子
大阪大学教育学年報   (23) 3-15   2018年3月
主張を支える根拠産出トレーニングの開発
西森章子,三宮真智子
読書科学   60(4) 215-229   2018年   [査読有り]
根拠産出トレーニングの効果に関する補足的検討―呈示される例の質は産出に影響するか―
西森章子,三宮真智子
広島修大論集   58(2) 103-115   2017年
Machiko Sannomiya, Yosuke Yamaguchi
Thinking Skills and Creativity   22 152-158   2016年9月   [査読有り]
自己高揚的呈示に対する反応-他者との上下関係に注目して-
野口直樹, 三宮真智子
電子情報通信学会技術研究報告   116(185) 91-96   2016年8月
山村麻予,真下知子,三宮真智子
人間環境学研究   14(1) 65-74   2016年6月   [査読有り]
三宮真智子
大阪大学大学院人間科学研究科紀要      2016年2月
Machiko Sannomiya,Kazuhiro Ohtani
Thinking Skills and Creativity      2015年4月   [査読有り]
西森章子,三宮真智子
大阪大学教育学年報   (20) 119-125   2015年3月
中学生の科学的思考に対する認知に関する一考察
久坂哲也,三宮真智子
大阪大学大学院人間科学研究科紀要   41 137-151   2015年3月
Kazuhiro Ohtani, Paul Wallace, Yosuke Yamaguchi, Machiko Sannomiya
大阪大学教育学年報   (20) 27-37   2015年3月
真下知子,山村麻予,三宮真智子,坂香里
日本教育工学会論文誌      2014年12月   [査読有り]
三宮真智子,久坂哲也
日本教育工学会論文誌      2014年12月   [査読有り]
対人コミュニケーションに活かすメタ認知
三宮真智子
日本看護学教育学会誌   24(2) 79-87   2014年11月   [招待有り]
山村麻予,真下知子,坂香里,三宮真智子
大阪大学教育学年報   49-67   2014年3月
山口洋介,三宮真智子
日本教育工学会論文誌   37(suppl.) 113-116   2014年3月   [査読有り]

Misc

 
ママのためのぷち心理学「『自分で自由に選べた』という満足感」
三宮真智子
Happy-Note      2019年3月
ママのためのぷち心理学「『ちょっとだけ』から始めてみる」
三宮真智子
Happy-Note      2018年11月
ママのためのぷち心理学「尋ね方で判断が変わる?」
三宮真智子
Happy-Note       2018年9月
AI時代に必要な「学び」とは何か
三宮真智子
児童心理   72(8) 46-50   2018年7月
ママのためのぷち心理学「ほめ言葉の魔法」
三宮真智子
Happy-Note      2018年6月
ママのためのぷち心理学「散らかす子どもを叱る前に」
三宮真智子
Happy-Note      2018年3月
「ほめ」「叱り」をより効果的に機能させるために
三宮真智子
『教育オピニオン』明治図書オンライン「教育Zine」      2018年
ママのためのぷち心理学「気分が選び出す過去の記憶」
三宮真智子
Happy-Note      2017年11月
ママのためのぷち心理学「節約と心理会計」
三宮真智子
Happy-Note      2017年9月
ママのためのぷち心理学「『つながり感』が心を強くする」
三宮真智子
Happy-Note      2017年6月
ママのためのぷち心理学「誤解で人間関係を壊さないために」
三宮真智子
Happy-Note      2017年3月
ママのためのぷち心理学「『みんな持ってるよ』はウソ?」
三宮真智子
Happy-Note      2016年11月
ママのためのぷち心理学「『心の理解力』を育むには」
三宮真智子
Happy-Note      2016年9月
ママのためのぷち心理学「ママからのお手紙」
三宮真智子
Happy-Note      2016年6月
ママのためのぷち心理学「感情のハイジャック」
三宮真智子
Happy-Note      2016年3月
ママのためのぷち心理学「子どもに『なぜ?』と考える習慣をつけるには」
三宮真智子
Happy-Note      2015年11月
ママのためのぷち心理学「心のブレーキがきかなくなる前に」
三宮真智子
Happy-Note      2015年9月
教師と生徒のコミュニケーションを分析する
三宮真智子
教育と医学   63(7) 11-17   2015年7月
ママのためのぷち心理学「会話で気持ちがすれ違うとき」
三宮真智子
Happy-Note      2015年6月
ママのためのぷち心理学「ダメと言われたことをしたくなるのはなぜ?」
三宮真智子
Happy-Note      2015年3月

書籍等出版物

 
公認心理師のための説明実践の心理学
三宮 真智子 (担当:分担執筆, 範囲:第7章「メタ認知を働かる説明力」(pp.55-64))
ナカニシヤ出版   2018年11月   ISBN:4779513170
三宮真智子
北大路書房   2018年9月   ISBN:4762830372
グローバル・コミュニケーション学入門
表谷純子,三宮真智子(中西のりこ,仁科恭徳編著) (担当:分担執筆, 範囲:第6章「メタ認知」(pp.68-79))
三省堂   2018年3月   
パフォーマンスがわかる12の理論:クリエイティヴに生きるための心理学入門!
三宮真智子,山口洋介 (担当:分担執筆, 範囲:第2章「思考のパフォーマンスを高める:思考/メタ認知」(pp.63-91))
金剛出版   2017年4月   ISBN:9784772415484
考え方学習2.0ーメタ認知を使って創造的に考える方法
三宮真智子
非売品   2017年3月   ISBN:978-4-9909504-0-8
三宮 真智子
ナカニシヤ出版   2017年2月   ISBN:4779511313
認知心理学ハンドブック
三宮真智子(日本認知心理学会編) (担当:共著, 範囲:第9部12章「メタ認知」pp.360-361)
有斐閣   2013年12月   
ピア・ラーニング 学びあいの心理学
三宮真智子(中谷素之,伊藤崇達編著) (担当:共著, 範囲:第10章「メタ認知におけるピアの役割」pp.159-170)
金子書房   2013年9月   
MIT認知科学大事典
中島秀行,他 (担当:共訳)
共立出版株式会社   2012年11月   ISBN:978-4-320-09447-5
教育工学とはどんな学問か
三宮 真智子(日本教育工学会監修) (担当:共著, 範囲:第3章2節「認知心理学からみた教育工学」pp.79-89)
ミネルヴァ書房   2012年   
永坂 邦彦, 金治 優理香, 細川 紗希, 山田 加奈子, 三宮 真智子
大阪大学大学院人間科学研究科教育コミュニケーション学研究室   2011年3月   
心理学
三宮真智子(和田万紀編)
弘文堂   2011年3月   
認知心理学
三宮真智子(仲真紀子編著)
ミネルヴァ書房   2010年11月   
三宮 真智子 (担当:共著, 範囲:第3章「思考過程と知能」pp.38-53)
学文社   2010年5月   ISBN:4762018864
発達・学習の心理学
三宮真智子(柏崎秀子編著)
北樹出版   2010年4月   
三宮真智子 (担当:共著, 範囲:第1章「メタ認知研究の意義と課題」pp1-16 第2章「学習におけるメタ認知と知能」pp.17-37)
北大路書房   2008年11月   ISBN:4762826227
三宮 真智子
鳴門教育大学高度情報研究教育センター・テクニカルレポート (1)   2007年3月   
三宮 真智子, ミキハウス子育て総研 (担当:共著)
三起商行   2005年4月   ISBN:4895885119
三宮 真智子
三起商行   2004年4月   ISBN:4895885100
三宮 真智子, 森 康彦
鳴門教育大学学校教育実践センター・テクニカルレポート (14)   2003年11月   
三宮 真智子, 米谷 淳 (担当:共著)
三起商行   2003年10月   ISBN:4895885070
三宮 真智子, 米谷 淳 (担当:共著)
三起商行   2003年10月   ISBN:4895885089
三宮 真智子, 米谷 淳 (担当:共著)
三起商行   2003年10月   ISBN:4895885097
三宮 真智子
北大路書房   2002年11月   ISBN:4762822817
認知心理学を語る 第3巻 おもしろ思考のラボラトリー
森敏昭, 山崎晃男, 中島実, 三宮真智子, 他 (担当:共著, 範囲:第6章「創造的思考:創造的な問題解決力を高める」pp.121-138)
北大路出版   2001年9月   
21世紀を拓く 教育の方法・技術
森敏昭, 中條和光, 奈須正裕, 三宮真智子, 他 (担当:共著, 範囲:第13章 「教育の方法・技術」pp.227-242)
協同出版   2001年4月   
自ら学び自ら考える力を育てる授業の実際
北尾倫彦, 長瀬壮一, 三宮真智子, 他 (担当:共著, 範囲:pp.50-53)
図書文化社   1999年6月   
認知研究の技法
海保博之, 加藤隆, 三宮真智子, 他 (担当:共著, 範囲:pp.107-110)
福村出版   1999年2月   
43人が語る「心理学と社会」―21世紀の扉をひらく 第2巻 発達・学習・教育(共著)
市川伸一, 奈須正裕, 秋田喜代実 , 吉崎静夫, 三宮真智子, 他 (担当:共著, 範囲:第8章「認知心理学から思考とコミュニケーションを支援する」pp.156-173)
ブレーン出版   1999年   
インターネットと教育実践
大隈紀和, 三宮真智子, 他 (担当:共著, 範囲:第10章「ネットワーク・コミュニケーション:実験研究―電子討論と対面討論の比較―」pp.186-195)
黎明書房   1998年4月   
学習意欲の育て方A~Z
北尾倫彦, 三宮真智子, 他 (担当:共著, 範囲:pp.44-46)
図書文化社   1997年6月   
いじめ:一人で悩まないで (Bullying: Don't suffer in silence)
佐々木保行, 三宮真智子, 他 (担当:単訳, 範囲:pp. 11-34)
教育開発研究所   1996年9月   
認知心理学 4 思考
市川伸一, 波多野誼余夫, 三宅なほみ, 小橋康章, 三宮真智子, 他 (担当:共著, 範囲:第7章「思考におけるメタ認知と注意」pp.157-180)
東京大学出版会   1996年2月   
発信する子どもたちを育てるこれからの情報教育
永野和男, 市川伸一, 三宮真智子, 他 (担当:共著, 範囲:第Ⅰ部2章「人間の情報処理と情報教育」pp.15-28)
高陵社書店   1995年10月   
説明と説得のためのプレゼンテーション―文章表現、図解、話術、議論のすべて
海保博之, 斉藤美津子, 樺島忠夫, 三宮真智子, 他 (担当:共著, 範囲:第6章「見せる用具を効果的に使う」pp.77-87)
共立出版   1995年1月   
認知心理学者 教育を語る
森敏明, 石田潤, 仲真紀子, 三宮真智子, 他 (担当:共著, 範囲:第二部3章「集団思考の力を伸ばす」pp.72-81)
北大路書房   1993年12月   
教師の研究能力を高めるための思考訓練コースの開発
三宮 真智子
鳴門教育大学高度情報研究教育センター・テクニカルレポート (13)   1990年3月   
認知心理学講座 1 記憶 (Memory: A cognitive approach)
三宮 真智子(長町三生監修) (担当:共訳, 範囲:pp.3-24)
海文堂   1989年12月   
叢書 生涯学習 VII 成人性の発達
堀薫夫, 渡部雅之, 三宮真智子, 他 (担当:共著, 範囲:pp.275-304)
雄松堂出版   1989年6月   
心理学と人間理解
前田嘉明, 佐々木保行, 佐々木宏子, 三宮真智子, 日野林俊彦, 他 (担当:共著, 範囲:第Ⅰ部3章「児童心理学はどこまで人間をとらえたか」pp.39-57)
ブレーン出版   1988年9月   
乳幼児のこころの世界
佐々木保行, 大日向雅美, 一谷幸男, 鈴木敏明, 三宮真智子, 他 (担当:共著, 範囲:第4章第3節「乳幼児・幼児期前期の情報処理」(pp. 65-68) 第4節「幼児期後期の情報処理」(pp. 68-75))
明治図書出版   1987年4月   
Advances in Psychology Vol.8“Discourse Processing”
Sannomiya, M (担当:共著, 範囲:「The modality effect on text processing as a function of organization」pp.263-268)
North-Holland   1982年12月   ISBN:0444865152

講演・口頭発表等

 
教員採用試験から教師教育を考える
島宗理,三宮真智子
日本教育心理学会第41回総会発表論文集   1999年7月   
How to support collaborative thinking through the computer communication: Suggestions from cognitive psychology.
Machiko Sannomiya and Atsuo Kawaguchi
The proceedings of Educational Computing   1997年5月   
思考支援のためのコンピュータ・コミュニケーションの検討―遠隔修論指導の事例を通して
三宮真智子
日本教育工学会第12回全国大会発表論文集   1996年11月   
小学生の「叱りことば」認知―反省感情,さっぱり感に及ぼす叱りことばの有無の影響について
竹内史宗,澤田仁,高梨一彦,三宮真智子
日本心理学会第38回大会発表論文集   1996年11月   
How to make covert behavior overt: Suggestions from cognitive psychology.
Machiko Sannomiya and Satoru Shimamune
The 3rd International Congress on Behaviorism and the Sciences of Behavior.   1996年   
小学生の「叱りことば」認知―叱り手である教師の叱り認知について―
竹内史宗,澤田仁,三宮真智子
日本教育心理学会第36回総会発表論文集   1994年8月   
対人コミュニケーションにおけるメタ認知(1)―対人コミュニケーションを妨げる要因についての認知
三宮真智子,大崎博史
日本教育心理学会第36回総会発表論文集   1994年8月   
小学生の「叱りことば」認知―反省感情,嫌悪感に及ぼす叱りことば(聞き言葉)の「きつさ」,「長さ」の影響について―
竹内史宗,澤田仁,高梨一彦,三宮真智子
日本教育心理学会第36回総会発表論文集   1994年8月   
新情報技術と思考様式の関連性の検討
大隅紀和,三宮真智子,村川雅弘,菅井勝雄,前迫孝憲,中野佳昭
日本教育情報学会第10回年会   1994年7月   
小学生の「叱りことば」認知―反省感情,嫌悪感に及ぼす叱りことばの「きつさ」,「長さ」の影響について―
竹内史宗,澤田仁,三宮真智子
日本教育心理学会第35回総会発表論文集   1993年10月   
小学生の「叱りことば」認知―低学年児童はどんな時に教師から叱られることが多いと認知しているか。―
竹内史宗,澤田仁,三宮真智子
日本教育心理学会第34回総会発表論文集   1992年8月   
教師の冗長な談話は他者にどう伝わるか(2)―中間伝達者は冗長な談話をどのようにメモし,伝えるか―
吉倉和子,三宮真智子
日本教育心理学会第34回総会発表論文集   1992年8月   
教師の冗長な談話は他者にどう伝わるか(1)―談話の冗長な部分は聴き手に何を伝えるか―
三宮真智子,吉倉和子
日本教育心理学会第34回総会発表論文集   1992年8月   
対面会議におけるコミュニケーション特性から見た電子会議の活用の提案
三宮真智子
日本教育工学会第8回大会講演論文集   1992年   
小学生の「叱りことば」認知―「叱りことば」が形成する教師の印象―
竹内史宗,三宮真智子,遠藤由美
日本教育心理学会第33回総会発表論文集   1991年8月   
教師の発話意図はどう認知されるか―先行情報はメッセージの解釈を左右するか―
三宮真智子
日本教育心理学会第33回総会発表論文集   1991年8月   
小学生の教師に対する好悪感情と叱りことば認知
竹内史宗,三宮真智子,遠藤由美
日本教育心理学会第32回総会発表論文集   1990年9月   
コンピューターを介したコミュニケーション過程の特性分析―BBS討論と顔合わせ討論の比較―
三宮真智子
日本教育工学会第32回全国大会発表論文集   1990年9月   
Computer as a mirror of human thinking processes‐A computer for supporting meta-cognition.
Machiko Sannomiya
The 22nd International Congress of Applied Psychology.   1990年   
遠隔通信メディアを介した人間の対話行動の分析:電話・手紙・コンピュータによるコミュニケーション
三宮真智子
日本教育工学会第5回全国大会発表論文集   1989年10月   
親の叱りことばに対する受け手の言語反応
遠藤由美,吉川佐紀子,三宮真智子
日本教育心理学会第31回総会発表論文集   1989年6月   
「叱られ」経験の認知について(1)
竹内史宗,三宮真智子
日本教育心理学会第31回総会発表論文集   1989年6月   
「叱られ」経験の認知について(2)
三宮真智子,竹内史宗
日本教育心理学会第31回総会発表論文集   1989年6月   
コンピュータを用いたリアルタイム・コミュニケーションの特性
竹内史宗、三宮真智子
1989年   
児童による教師の発言認知に及ぼす先行情報の効果―先行情報の連合性および児童の立場との関連
三宮真智子
日本教育心理学会第30回総会発表論文集   1988年10月   
教師の叱りことばのパターンと受け手に与える印象
遠藤由美,吉川佐紀子,三宮真智子
日本教育心理学会第30回総会発表論文集   1988年10月   
質疑応答システム開発を前提とした人間の対話行動の分析-"研究テーマの相談"における意思決定のプロセス-
三宮真智子,永野和男
教育工学関連学協会連合第2回全国大会講演論文集   1988年   
教師の情報処理能力を育成するための情報教育カリキュラムについて
永野和男,三宮真智子,久米弘,藤岡完治
教育工学関連学協会連合第2回全国大会講演論文集   1988年   
親の叱りことばのパターンと受け手に与える印象
遠藤由美,吉川佐紀子,三宮真智子
日本教育心理学会第29回総会発表論文集   1987年8月   
マン・マシン・インターフェイスとしての音声入力法の検討-実用化に向けて目標とすべき認識率-
三宮真智子
日本教育工学会第3回大会講演論文集   1987年   
CAIにおける情報入力の手段としての音声入力法の検討-音声入力を"親しみにくい"と感じさせる要因についての一考察-
三宮真智子
日本教育工学会第2回大会講演論文集   1986年   
小学校3年生におけるコンピュータ理解カリキュラムの試行
中川洋,奥村英樹,永野和男,三宮真智子
日本教育工学会第2回大会講演論文集   1986年   
文章記憶に及ぼす呈示様式の効果―呈示速度の関数として―
三宮真智子
日本基礎心理学会第2回発表論文集   1983年   
文章の聴覚および視覚呈示における内的音声化妨害の効果― 小学4年生の場合一
三宮真智子
日本心理学会第47回大会発表論文集   1983年   
文章の逐語的記憶と内容的記憶
三宮真智子
日本基礎心理学会第1回発表論文集   1982年   
Modality effect on text memory.
Machiko Sannomiya and Yoshiko Harakawa
International symposium on text processing   1981年   
Modality effects of sentences and paired words on memory.
Machiko Sannomiya
The 22nd International Congress of Psychology   1980年   
文章記憶におけるモダリティー効果
三宮真智子
日本教育心理学会第21回総会発表論文集   1979年9月   

所属学協会

 
日本心理学会 , 日本教育心理学会 , 日本教育工学会

社会貢献活動

 
誤解の原因 心理学で探る
【寄稿】  高校生新聞  2018年7月
おもちゃの片付け 収納の工夫
【寄稿】  讀賣新聞  2016年12月28日
夫婦間における自己中心性バイアスについての解説
【インタビュイー】  朝日放送ラジオ  おはようパーソナリティ道場洋三です  2015年3月

競争的資金等の研究課題

 
メタ認知に働きかけて「柔軟な発話意図解釈力」を育てる誤解予防学習プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (基盤研究(C))
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 三宮 真智子
メタ認知に働きかけて創造的因果推理力を高める学習プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 三宮 真智子
英語力下位層を対象とした思考力を育成する英語学習プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 中西 千春
情報判断力・情報表現力を高めるためのメタ認知を促す学習教材の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 三宮 真智子
人間の情報処理への科学的探究心を育てるコミュニケーション学習プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 三宮 真智子
数学的思考から論理的思考への転移を導く教授プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (特定領域研究)
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 岡本 真彦
クライアント・サーバ方式による第二言語学習者の適性データ収集システムの開発と分析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 田中 順子
算数・数学的思考から一般的思考への転移の可能性に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (特定領域研究)
研究期間: 2002年       代表者: 岡本  真彦
遠隔共同思考の設計を目指したコプレゼンス効果の実験的検討
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (萌芽的研究)
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 三宮 真智子
時代変化に対応する教師教育と現職教育のモデル・カリキュラムの開発と試行
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 2000年    代表者: 大隅 紀和
大学における学習者の題材選択方式による教育工学カリキュラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (一般研究(B))
研究期間: 1994年 - 1995年    代表者: 三宮 真智子
遠隔教育のためのコンピュータ・コミュニケーションに関する基礎的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (一般研究(C))
研究期間: 1993年 - 1994年    代表者: 三宮 真智子
数学教育における高次思考能力の形成過程の分析と構造化数学カリキュラムの開発研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (基盤研究(B))
研究期間: 1992年 - 1993年    代表者: 木村 捨雄
現職教員を対象とした遠隔教育システムの開発に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (一般研究(B))
研究期間: 1990年 - 1992年    代表者: 永野 和男
子ども用デ-タベ-スソフトと学習用通信ネットワ-クシステムの開発に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (試験研究(B))
研究期間: 1990年 - 1991年    代表者: 永野 和男
ほめ方励まし方の研究
福武書店(現ベネッセコーポレーション): 
研究期間: 1989年 - 1990年    代表者: 三宮 真智子
人間の情報獲得活動を基盤とした質疑応答システム開発のための基礎的研究
日本科学協会: 
研究期間: 1988年 - 1989年    代表者: 三宮 真智子
発話意図の解釈に及ぼす先行情報の適合性の効果に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (奨励研究(A))
研究期間: 1988年       代表者: 三宮 真智子
マン・マシンインターフェイスとして音声入力装置が具備すべき条件に関する研究
松下電器: 
研究期間: 1986年 - 1987年    代表者: 三宮 真智子
小中学校用パソコンの試作と教材開発支援システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (試験研究)
研究期間: 1986年 - 1987年    代表者: 永野 和男