日本の女性研究者

実験動物学

研究者リスト >> 内尾こずえ
 

内尾こずえ

 
アバター
研究者氏名内尾こずえ
 
ウチオ コズエ
通称等の別名山田-内尾こずえ(Kozue UCHIO-YAMADA)
URLhttp://animal.nibiohn.go.jp/
所属国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
部署疾患モデル小動物研究室
職名主任研究員
学位農学博士(京都大学)

研究キーワード

 
腎臓 , 疾患モデル , 実験動物学 , 腎疾患

研究分野

 
  • 基礎生物学 / 形態・構造 / 腎
  • 実験動物学 / 実験動物学 / 疾患モデル

経歴

 
2011年1月
 - 
現在
(国)医薬基盤・健康・栄養研究所 疾患モデル小動物 主任研究員
 
2005年4月
 - 
2010年12月
(国)医薬基盤・健康・栄養研究所 疾患モデル小動物研究室 研究員
 
2003年10月
 - 
2005年3月
国立感染症研究所 獣医科学部 研究員
 
2003年4月
 - 
2003年9月
京都府立医科大学 解剖学教室生体機能形態科学 プロジェクト研究員
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2003年3月
京都大学大学院 農学研究科博士課程 応用生物科学専攻
 
1998年4月
 - 
2000年3月
京都大学大学院 農学研究科修士課程 応用生物科学専攻
 
1994年4月
 - 
1998年3月
京都大学 農学部 畜産学科
 

論文

 
Manabe N, Myoumoto A, Tajima C, Fukumoto M, Nakayama M, Uchio K, Yamaguchi M, Miyamoto H.
Cytotechnology   33 189-201   2000年   [査読有り]
Lectin histochemical studies on the kidney of hereditary nephrotic mice (ICGN strain).
Tamura K., Manabe N., Uchio K., Miyamoto M., Ogura A., Yamamoto Y., Nagano N., Furuya Y., Miyamoto H.
J Vet Med Sci.   62 379-390   2000年   [査読有り]
Decreased matrix metalloproteinase activity in the kidneys of hereditary nephrotic mice (ICGN strain).
Uchio K., Manabe N., Tamura K., Miyamoto M., Ogura A., Yamamoto Y., Miyamoto H.
Nephron   80 145-151   2000年   [査読有り]
Imai Y., Manabe N., Uchio K., Matsushita H., Kimura Y., Nakayama M., Nishihara S., Wada S., Sugimoto M., Miyamoto H.
J. Mam. Ova Res.   16 59-66   1999年   [査読有り]
Uchio K., Manabe N., Kinoshita A., Tamura K., Miyamoto M., Ogura A., Yamamoto Y., Miyamoto H.
J Vet Med Sci.   61 769-776   1999年   [査読有り]
Miyamoto M., Manabe N., Uchio K., Kuramitsu K., Tamura K., Furuya Y., Nagano N., Miyamoto H.
J Vet Med Sci.   60 953-960   [査読有り]

所属学協会

 
日本繁殖生物学会 , 日本腎臓学会 , 日本実験動物学会 , 日本獣医学会

競争的資金等の研究課題

 
アルツハイマー病に対する生体恒常性維持機構の解明と糖尿病によるその破綻
日本学術振興会: 文科科研費基盤B
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 里直行
腎疾患高感受性C57BL/6マウス系統の開発
日本学術振興会: 文科科研費若手B
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 内尾こずえ
創薬・疾患研究のための細胞・組織コレクション供給体制確立に関する研究
厚生労働省: 創薬基盤推進研究事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 小原有弘
新規腎臓病モデルマウスの開発
日本学術振興会: 文科科研費若手B
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 内尾こずえ
糖尿病とアルツハイマー病の相互病態修飾におけるインスリン・シグナルの役割
日本学術振興会: 文科科研費基盤B
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 里直行