日本の女性研究者

神経科学

Researcher List >> KISHI Hiroko
 

KISHI Hiroko

 
Avatar
NameKISHI Hiroko
e-mailhirkishiyamaguchi-u.ac.jp
URLhttp://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~lily/index.html
AffiliationYamaguchi University
SectionGraduate School of Medicine Applied Medical Engineering Science(Medicine)
DegreeDoctor (Medicine)(Gunma University)
Research funding number40359899

Research Interests

 
Molecular Cellular Physiology , Smooth Muscle Physiology , Signal Transduction of Vascular Smooth Muscle

Research Areas

 
  • Basic medicine / General physiology / 

Academic & Professional Experience

 
Sep 2002
 - 
Sep 2011
Lecturer, Graduate School of Medicine(Medicine), YAMAGUCHI UNIVERSITY
 
Oct 2011
 - 
Today
Associate Professor, Graduate School of Medicine(Medicine), YAMAGUCHI UNIVERSITY
 

Education

 
 
 - 
Mar 1990
School of Medicine, Faculty of Medicine, Gunma University
 
 
 - 
Mar 1999
Pharmacology, Graduate School, Division of Medicine, Gunma University
 

Committee Memberships

 
 
 - 
Today
Yamaguchi Medical Association  Councilor
 
 
 - 
Today
The Japanese Pharmacological Society  Councilor
 
 
 - 
Today
Japan Society of Smooth Muscle Research  Councilor
 
 
 - 
Today
The Physiological Society of Japan  Councilor
 

Awards & Honors

 
Mar 2012
The development of a high-throughput and objective screening system to validate candidate molecules for downstream target of Fyn in SPC/Fyn/ROK pathway which mediates abnormal vascular smooth muscle contraction, Poster Award, The Physiological Society of Japan
 
Jul 2007
The Excellent Research Award, Japan Society of Smooth Muscle Research
 

Published Papers

 
Ying Zhang, Hiroko Kishi and Sei Kobayashi
Pharmacological Research   134 200-211   Aug 2018   [Refereed]
Atsuko Kawamura, Katsuko Kajiya, Hiroko Kishi, Junko Inagaki, Makoto Mitarai, Hiroshi Oda, Seiji Umemoto and Sei Kobayashi
Current hypertension reviews   14(1) 56-65   Apr 2018   [Refereed]
Ying Zhang, Min Zhang, Bochao Lyu, Hiroko Kishi and Sei Kobayashi
Scientific Reports   7 36368   Feb 2017   [Refereed]
Atsuko Kawamura, Katsuko Kajiya, Hiroko Kishi, Junko Inagaki, Makoto Mitarai, Hiroshi Oda, Seiji Umemoto and Sei Kobayashi
Hypertension Research   39(11) 777-785   Nov 2016   [Refereed]
岸博子, 張影, 小林誠
山口医学   64(3) 177-181   Aug 2015   [Refereed]

Misc

 
【血管収縮制御の分子機構】 スフィンゴ脂質による血管収縮のカルシウム感受性制御の血管病における意義
加治屋 勝子, 岸 博子, 川道 穂津美, 小林 誠
血管医学   9(3) 231-238   Aug 2008
突発性の血管病である血管攣縮は、突然死の主因として恐れられている。血管攣縮は、Rhoキナーゼを介した血管平滑筋のCa2+感受性亢進によって引き起こされる。このRhoキナーゼの上流の活性化経路として見出されたスフィンゴシルホスホリルコリン(SPC)→Fyn→Rhoキナーゼ経路は、従来報告されてきたCa2+感受性亢進の経路とは独立した新規経路であり、コレステロールが局在する細胞膜ラフトを反応の場とする血管異常収縮に特異的なものである。血圧維持を担う正常収縮を抑制せず、Ca2+感受性亢進のみを選...
岸 博子, 川道 穂津美, 加治屋 勝子, 小林 誠
日本薬理学雑誌   129(4) 245-251   Apr 2007
血管平滑筋の異常収縮は、虚血性心疾患やくも膜下出血後の脳血管攣縮などの疾患の病態生理に重要な役割を果たしている。この異常収縮の分子機構として、RhoキナーゼによるCa2+-sensitizationが重要である事が知られているが、我々はこれまでに、Rhoキナーゼの上流の、血管平滑筋Ca2+-sensitizationのシグナル分子として、スフィンゴシルホスホリルコリン(SPC)を同定し、更に、SPCが、Srcファミリーチロシンキナーゼ(Src-TK)を介して、Rhoキナーゼを活性化する事を...
岸博子, WANG H, 佐藤正史, 最上紀美子, 中尾文昭, 森影則保, 黒川徹, 白尾敏之, 池田典生
Bio Ind   20(11) 5-13   Nov 2003

Books etc

 
Muscle Contraction and Cell Motility: Fundamentals and Developments
Ying Zhang, Hiroko Kishi, Katsuko Kajiya, Tomoka Morita, Sei Kobayashi (Part:Joint Work, Chapter 13, The pivotal role of cholesterol and membrane lipid rafts in the Ca2+-sensitization of vascular smooth muscle contraction leading to vasospasm)
Pan Stanford (2016/11/23), p333 -342, edited by Haruo Sugi   Nov 2016   ISBN:978-981-4745-16-1
Molecular Mechanisms of Smooth Muscle Contraction
Kohichi Hayakawa, Hiroko Kishi, Kazuhiro Kohama, Yuan Lin, Akio Nakamura, Tsuyoshi Okagaki, Yinhuan Xue, Li-Hong Ye (Part:Joint Work, Chapter 2, The Molecular Anatomy of Myosin Light Chain Kinase)
R. G. Landes Company   1998   ISBN:1-57059-566-6

Conference Activities & Talks

 
宮成健司, 野地本和孝, 岸博子, 加治屋勝子, 高田雄一, 木村友彦, 萩原弘, 小林誠
日本平滑筋学会雑誌   6 Jul 2011   
血管平滑筋収縮のCa2+-sensitizationを特異的に抑制可能な新規の植物由来成分
宮成 健司, 野地本 和孝, 岸 博子, 加治屋 勝子, 高田 雄一, 木村 友彦, 萩原 弘, 小林 誠
日本平滑筋学会雑誌   Jul 2011   
岸博子, 中島彰子, 川道穂津美, 加治屋勝子, 王晨, 高田雄一, 小林誠
日本平滑筋学会雑誌   11 Jun 2010   
森大祐, 大浜剛, 村田幸久, 岸博子, 小林誠, 堀正敏, 尾崎博
日本平滑筋学会雑誌   11 Jun 2010   
平滑筋におけるシグナル伝達研究のカッティングエッジ Focused Proteomicsによる、血管平滑筋異常収縮の新規病的シグナル分子の探索
岸 博子, 中島 彰子, 川道 穂津美, 加治屋 勝子, 王 晨, 高田 雄一, 小林 誠
日本平滑筋学会雑誌   Jun 2010   
平滑筋におけるシグナル伝達研究のカッティングエッジ 消化管平滑筋の収縮におけるCa2+感受性増加にはCPI-17とMYPT1のリン酸化がともに不可欠である
森 大祐, 大浜 剛, 村田 幸久, 岸 博子, 小林 誠, 堀 正敏, 尾崎 博
日本平滑筋学会雑誌   Jun 2010   
中島彰子, 岸博子, 川道穂津美, 加治屋勝子, 高田雄一, 徳森大輔, 小林誠
日本生理学雑誌   1 Apr 2010   
横尾一徳, 岸博子, 川道穂津美, 加治屋勝子, 高田雄一, 徳森大輔, 執行正義, 伊藤真一, 小林誠
日本農芸化学会大会講演要旨集   5 Mar 2010   
岸博子, 王晨, 川道穂津美, 加治屋勝子, 高田雄一, 徳森大輔, 森景則保, 濱野公一, 小林誠
山口県医学会誌   Mar 2010   
岸博子, 川道穂津美, 加治屋勝子, 王晨, 高田雄一, 徳森大輔, 小林誠
日本平滑筋学会雑誌   19 Jun 2009   
川道穂津美, 王晨, 岸博子, 加治屋勝子, 高田雄一, 徳森大輔, 小林誠
日本平滑筋学会雑誌   19 Jun 2009   
【血管病治療のブレイクスルー】 血管異常収縮の分子機構と分子標的治療薬の探索
川道 穂津美, 岸 博子, 加治屋 勝子, 高田 雄一, 小林 誠
日本薬理学雑誌   Mar 2009   
狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患やくも膜下出血後の脳血管攣縮などの疾患は、合計すると我が国の死因の第2位を占める。これらの血管病の原因は2つあり、一つは、長い年月を掛けて発症する動脈硬化であり、もう一つは、急性発症の血管攣縮、すなわち、血管平滑筋の異常収縮である。この血管異常収縮は、血圧維持を担っている細胞質Ca2+濃度依存性の正常収縮とは異なり、Rhoキナーゼを介する血管収縮のCa2+感受性増強(Ca2+-sensitization)によることが知られているが、その上流の分子メカニズム...
岡田裕子, 岸博子, 川道穂津美, 加治屋勝子, 高田雄一, 徳森大輔, 小林誠
日本生理学雑誌   1 Feb 2009   
加治屋勝子, 岸博子, 川道穂津美, 小林誠
日本生理学雑誌   1 Feb 2009   
徳森大輔, 高田雄一, 岸博子, 加治屋勝子, 川道穂津美, 小林誠
日本生理学雑誌   1 Feb 2009   
小林誠, 岸博子, 川道穂津美, 加治屋勝子, 高田雄一, 徳森大輔
日本血管生物医学会   2009   
岡田裕子, 岸博子, 川道穂津美, 加治屋勝子, 高田雄一, 徳森大輔, 小林誠
山口医学   31 Dec 2008   

Teaching Experience

 
  • Aging and Health (YAMAGUCHI UNIVERSITY)
  • Advanced Molecular Physiology and Medical Bioregulation I (YAMAGUCHI UNIVERSITY)
  • Advanced Molecular Physiology and Medical Bioregulation I (YAMAGUCHI UNIVERSITY)

Association Memberships

 
Biophysical Society , The Japanese Respiratory Society , The Japanese Circulation Society , The Japanese Pharmacological Society , Japan Society of Smooth Muscle Research , The Japanese Vascular and Medicine Organization , The Japanese Society of Internal Medicine , Physiological Society of Japan , Japanese Society of Allergology