日本の女性研究者

実験動物学

研究者リスト >> 大黒 多希子
 

大黒 多希子

 
アバター
研究者氏名大黒 多希子
所属金沢大学
部署学際科学実験センター

研究キーワード

 
卵巣癌 , 胚着床 , 妊娠 , 子宮体癌 , マウスモデル

研究分野

 
  • 薬学 / 生物系薬学 / 
  • 実験動物学 / 実験動物学 / 
  • 腫瘍学 / 腫瘍生物学 / 

経歴

 
2015年6月
 - 
現在
金沢大学 学際科学実験センター 遺伝子改変動物分野 教授
 
2011年9月
 - 
2015年6月
Cincinnati Children’s Hospital Medical Center, USA Division of Reproductive Sciences Research Associate Professor
 
2008年5月
 - 
2011年8月
Cincinnati Children’s Hospital Medical Center, USA Division of Reproductive Sciences Research Assistant Professor
 
2004年3月
 - 
2008年5月
Vanderbilt University Medical Center, USA Department of Pediatrics Research Assistant Professor
 
2002年7月
 - 
2004年2月
Vanderbilt University Medical Center, USA Department of Pediatrics Postdoctoral Fellow
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2000年3月
徳島大学大学院 薬学研究科博士課程 
 
1995年4月
 - 
1997年3月
徳島大学大学院 薬学研究科修士課程 
 
1991年4月
 - 
1995年3月
徳島大学 薬学部 製薬化学科
 

論文

 
Burnum KE, Hirota Y, Baker ES, Yoshie M, Ibrahim YM, Monroe ME, Anderson GA, Smith RD, Daikoku T, Dey SK
Endocrinology   153(9) 4568-4579   2012年9月   [査読有り]
Kurosawa Y, Degrauw TJ, Lindquist DM, Blanco VM, Pyne-Geithman GJ, Daikoku T, Chambers JB, Benoit SC, Clark JF
The Journal of clinical investigation   122(8) 2837-2846   2012年8月   [査読有り]
Hirota Y, Burnum KE, Acar N, Rabinovich GA, Daikoku T, Dey SK
Endocrinology   153(5) 2486-2493   2012年5月   [査読有り]
Matsumoto H, Fukui E, Yoshizawa M, Sato E, Daikoku T
The Journal of reproduction and development   58(6) 649-653   2012年   [査読有り]
Daikoku T, Cha J, Sun X, Tranguch S, Xie H, Fujita T, Hirota Y, Lydon J, DeMayo F, Maxson R, Dey SK
Developmental cell   21(6) 1014-1025   2011年12月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
新たな子宮肉腫マウスモデルを用いた肉腫化抑制因子の同定と新規分子標的治療への応用
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2018年6月 - 2020年3月    代表者: 大黒 多希子
マウスモデルを用いた子宮内膜間質肉腫発生機序の解析
公益財団法人北國がん基金: 研究助成
研究期間: 2018年9月 - 2019年3月    代表者: 大黒 多希子
子宮選択的Pten変異による体癌自然発症マウスを用いた増悪因子と作用機序の解析
日本学術振興会: 科学研究補助金 基盤研究B
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 大黒 多希子
子宮体癌進行への卵巣ホルモンの影響
山口内分泌疾患研究振興財団: 研究助成
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 大黒 多希子
Pten-Akt-Cox2 signaling axis in endometrial cancer.
Ohio Cancer Research Associate: Grant
研究期間: 2010年1月 - 2011年6月    代表者: 大黒 多希子