日本の女性研究者

環境学

研究者リスト >> 田邊優貴子
 

田邊優貴子

 
アバター
研究者氏名田邊優貴子
eメールukkonipr.ac.jp
URLhttp://yukikotanabe-online.webnode.jp/
所属国立極地研究所
部署生物圏研究グループ
職名助教
学位博士(理学)(2009年3月 総合研究大学院大学)
その他の所属総合研究大学院大学

プロフィール

1978年、青森市生まれ。博士(理学)。
南極・北極・高山で生きる植物を対象とした生理生態学的研究をしており、
特に、南極の湖沼生態系に強い興味を持って取り組んでいる。

◎極地野外調査歴
2007年11月〜2008年3月:第49次日本南極地域観測隊 夏隊
2009年11月〜2010年3月:第51次日本南極地域観測隊 夏隊
2010年7月〜8月:北極スヴァールバル諸島
2011年11月〜2012年3月:第53次日本南極地域観測隊 夏隊
2013年2月:ウガンダ・ルウェンゾリ山地
2013年7月〜8月:北極スヴァールバル諸島
2014年7〜8月:北極スヴァールバル諸島
2014年10〜12月:5カ国国際南極調査隊(アンターセー湖)
2015年1〜2月:スペイン南極観測隊バイヤーズ半島調査隊
2015年7〜8月:北極スヴァールバル諸島
2015年11月〜2016年1月:6カ国国際南極調査隊(アンターセー湖)
2016年7月:カナダ北極ワードハント島・エルズミヤ
2016年11月〜2018年3月:第58次日本南極地域観測隊 越冬隊
2018年7月〜8月:カナダ北極ワードハント島
2018年9月〜10月:ロシア・バイカル湖

◎ナショナルジオグラフィックWeb版で
「南極の凍った湖に潜って 原始地球の生態系を追う」連載中
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20141110/423715/

研究キーワード

 
植物 , 生理生態 , 湖沼 , 光合成 , 物質循環 , 南極 , 北極 , 藻類 , シアノバクテリア

研究分野

 
  • 基礎生物学 / 生態・環境 / 
  • 環境学 / 環境動態解析 / 物質循環
  • 地球惑星科学 / 気象・海洋物理・陸水学 / 

所属学協会

 
日本生態学会 , 日本陸水学会 , SIL (国際陸水学会) , ASLO (先進陸水海洋学会)

経歴

 
2015年1月
 - 
現在
国立極地研究所 生物圏研究グループ 助教
 
2016年11月
 - 
2018年3月
第58次日本南極地域観測隊 越冬隊(生物圏)
 
2013年4月
 - 
2014年12月
早稲田大学 高等研究所 助教
 
2013年12月
 - 
2014年3月
ラバル大学 北方研究センター (Center for Northern Studies) 客員研究員
 
2011年4月
 - 
2013年3月
東京大学 大学院 新領域創成科学研究科 自然環境学専攻 日本学術振興会特別研究員PD
 
2011年11月
 - 
2012年3月
第53次日本南極地域観測隊 夏隊(生物圏)
 
2009年4月
 - 
2011年3月
国立極地研究所 生物圏研究グループ 特任研究員
 
2009年11月
 - 
2010年3月
第51次日本南極地域観測隊 夏隊(生物圏)
 
2007年11月
 - 
2008年3月
第49次日本南極地域観測隊 夏隊(生物圏)
 
2006年4月
 - 
2009年3月
総合研究大学院大学 複合科学研究科 極域科学専攻 博士課程
 

受賞

 
2018年11月
東奥日報社 第71回 東奥賞
 
2018年9月
ソロプチミスト日本財団 女性研究者賞 2018
 
2016年11月
日経BP チェンジメーカー・オブ・ザ・イヤー2016
 
2015年1月
ナショナルジオグラフィック日本版20周年記念 日本のエクスプローラー選出
 
2014年8月
公益信託エスペック地球環境研究・技術基金 第17回賞
 
2014年4月
文部科学大臣表彰 若手科学者賞
 
2012年9月
日本陸水学会 優秀ポスター賞
 
2009年3月
総合研究大学院大学研究賞
 
2008年10月
日本陸水学会 若手研究者 最優秀賞
 
2008年5月
日本光合成学会 最優秀ポスター賞
 

論文

 
Seabird-affected taluses are denitrification hotspots and potential N2O emitters in the High Arctic
Hayashi K, Tanabe Y, Ono K, Loonen M, Asano M, Fujitani H, Tokida T, Uchida M, Hayatsu M
Scientific Reports   in press    2018年   [査読有り]
The thermal structure of the anoxic trough in Lake Untersee Antarctica
Bevington J, McKay CP, Davila A, Hawes I, Tanabe Y, Andersen DT
Antarctic Science   in press    2018年   [査読有り]
菅沼悠介、田邊優貴子、香月興太、柴田大輔、川又基人
南極資料   62 15-42   2018年   [査読有り]
Tsuji M, Tanabe Y, Vincent WF, Uchida M
Mycoscience   59(1) 67-70   2018年   [査読有り]
Tsuji M, Tanabe Y, Vincent WF, Uchida M
Mycoscience   59(1) 54-58   2018年   [査読有り]
Hirose D, Hobara S, Tanabe Y, Uchida M, Kudoh S & Osono T
Polar Biology   40 2457-2468   2017年   [査読有り]
Koo H, Mojib N, Hakim JA, Hawes I, Tanabe Y, Andersen DT, Bej AK
Frontiers in Microbiology   8(Article 1347) 1-15   2017年   [査読有り]
Tanabe Y, Yasui S, Osono T, Uchida M, Kudoh S, Yamamuro M
Polar Biology   40(3) 603-613   2017年   [査読有り]
Inoue T, Kudoh S, Uchida M, Tanabe Y, Inoue M, Kanda H
Polar Biology   40(4) 853-862   2017年   [査読有り]
Tsuji M, Uetake J, Tanabe Y
Mycoscience   57 448-451   2016年   [査読有り]
Hirose D, Hobara S, Matsuoka S, Kato K, Tanabe Y, Uchida M, Kudoh S, Osono T
Fungal Ecology   24 94-101   2016年   [査読有り]
Report on field research of the Spanish Antarctic Campaign 2014/15: a cooperative international research project with the 56th Japanese Antarctic Research Expedition
Kudoh S & Tanabe Y
Antarctic Record   59(2) 240-261   2015年   [査読有り]
Meteorological features observed in Yukidori Zawa, Langhovde and Kizahashi Hama, Skarvsnes on the Sôya Coast, East Antarctica, with compareson of those observed at Syowa Station
Kudoh S, Tanabe Y, Uchida M, Osono T, Imura S
Antarctic Record   59(2) 163-178   2015年   [査読有り]
T Inoue, S Kudoh, M Uchida, Y Tanabe, M Inoue, H Kanda
Polar Science   8(4) 397-441   2014年12月   [査読有り]
Uetake J, Tanaka S, Tanabe Y, Denis S, Motoyama H, Kohshima S
PLoS ONE   9(11) e112510   2014年11月   [査読有り]
Kudoh S & Tanabe Y
Advances in Polar Science   25 75-91   2014年6月   [査読有り]
Hirose D, Tanabe Y, Uchida M, Kudoh S, Osono T
Polar Biology   36(6) 919-924   2013年   [査読有り]
Takano Y, Tyler J J, Kojima H, Yokoyama Y, Tanabe Y, Sato T, Ogawa N O, Ohkouchi N, Fukui M
Applied Geochemistry   27(12) 2546-2559   2012年   [査読有り]
Yamamoto T, Akiyoshi H, Yoshikiyo K, Takahashi T, Tanabe Y, Kudoh S, Imura S, Yamamoto N
Geoscience Frontiers   Online First    2012年   [査読有り]
Tanabe Y, Kudoh S
Ecological Research   27(2) 359-367   2012年   [査読有り]
Tanabe Y, Shitara T, Kashino Y, Hara Y, Kudoh S
PLoS ONE   6(2) e14690   2011年   [査読有り]
工藤 栄、田邊優貴子、内田雅己、堀 克博
南極資料   54(3) 226-235   2010年   [査読有り]
Tanabe Y, Ohtani S, Kasamatsu N, Fukuchi M, Kudoh S
Polar Biology   33(1) 85-100   2010年   [査読有り]
Kosugi M, Katashima Y, Aikawa S, Tanabe Y, Kudoh S, Kashino Y, Koike H, Satoh K
Journal of Phycology   46(3) 466-476   2010年   [査読有り]
Kudoh S, Tanabe Y, Matsuzaki M, Imura S
Polar Biology   32(11) 1617-1627   2009年   [査読有り]
Tanabe Y, Kudoh S
Japanese Journal of Limnology   70(3) 191-199   2009年   [査読有り]
工藤 栄, 田邊 優貴子, 井上 武史, 伊村 智, 神田 啓史
南極資料   53(1) 114-122   2009年   [査読有り]
南極の陸域環境の植物の分布と定着は,洪水をも含む環境の物理的撹乱による制限を強く受けていると考えられる.近年(第47次観測隊以降),日本南極地域観測隊の活動を通じ,東南極宗谷海岸のラングホブデ域にある氷河池(仮称)の多年性雪の堤防に大きな穴が開き決壊したことを確認した.同様の現象は約25年前にも報告されている.以前の穴はその後閉塞し,今回の決壊直前まで氷河融解水が涵養した湖沼となっていたが,現在ではその湖水のほとんどが失われ,湖の面積は著しく縮小している.ラングホブデ南部にある隣接したいく...
田邊 優貴子, 工藤 栄
陸水学雑誌   70(3) 191-199   2009年   [査読有り]
Physiological adaptation of the snow algae, Ochromonas smithii and O. itoi to their habitat on the deposited snow surface
Tanabe Y, Shitara T, Kashino Y, Kudoh S, Hara Y
Phycologia   48(2) Suppl: 128-128   2009年   [査読有り]
Breaching of a perennial snow dam below lake Hyoga Ike in the Langhovde region of the Sôya Coast, East Antarctica: Possible effect of disturbance events on the distribution and colonization within/around the lake
Kudoh S, Tanabe Y, Inoue T, Kanda H
Antarctic Record   53(1) 114-122   2009年   [査読有り]
Tanabe Y, Kudoh S, Imura S, Fukuchi M
Polar Biology   31(1) 199-208   2008年   [査読有り]
Kudoh S, Tanabe Y, Takahashi K T
Polar Biology   31(12) 1539-1542   2008年   [査読有り]
Report on the limnological, biological and ecological observations of lakes in Sôya Coast, East Antarctica
Kudoh S, Tanabe Y, Iida T, Tsujimoto M, Ogawa M, Imura S
Antarctic Record   52(3) 421-436   2008年   [査読有り]
工藤栄, 田邊優貴子
日本生態学会誌   58(3) 231-236   2008年   [査読有り]
国際地球観測年(IGY:1957/58)を契機に開始されたわが国の南極地域観測事業は、現在半世紀を超え、南極域での各種自然科学に関する研究・観測が展開されている。その活動拠点としての「南極昭和基地」の名称は、広く国民に知れ渡っていることと思う。ここで研究・観測活動に携わるためには、「日本南極地域観測隊員」として国家事業を担うべく職務を委嘱され、砕氷船に乗り、現地へ向い、ひと夏(11月〜3月)、あるいは1年4ヶ月間活動をするのが一般的なスタイルであった。近年になって傭船での南極海観測、航空機...
田邊優貴子
光合成研究   17(3) 58-62   2007年   [査読有り][招待有り]
Sato S, Fukuda M, Hagihara M, Tanabe Y, Ohkubo K, Morii T
Journal of the American Chemical Society   127(1) 30-31   2005年   [査読有り]
Fukuda M, Tanabe Y, Morii T
Nucleic acids symposium series (2004)   355-356   2005年   [査読有り]
Hagihara M, Hasegawa T, Tanabe Y, Sato S, Yoshikawa S, Ohkubo K, Morii T
Nucleic acids symposium series (2004)   33-34   2004年   [査読有り]

Misc

 
Kudoh S, Takahashi T K, Ishihara T, Tsujimoto M, Nakai R, Suzuki C A, Tanabe Y, Uchida M, Imura S
JARE DATA REPORTS   344((TERRESTRIAL BIOLOGY 14))    2016年1月
Kudoh S, Tanabe Y, Uchida M, Imura S
JARE Data Reports   Terrestrial Biology 9 1-7   2015年4月
Tanabe Y, Uchida M, Osono T, Kudoh S
JARE Data Reports   (Terrestrial Biology 7) 1-76   2012年   [査読有り]
Tanabe Y, Uchida M, Osono T, Kudoh S
JARE Data Reports   (Terrestrial Biology 6) 1-79   2012年   [査読有り]
田邊 優貴子, 設楽 智文, 菓子野 康浩, 工藤 栄, 原 慶明
山形大学理学部裏磐梯湖沼実験所報   17    2010年3月
田邊 優貴子, 設楽 智文, 菓子野 康浩, 工藤 栄, 原 慶明
山形大学理学部裏磐梯湖沼実験所報   17    2010年3月
Kudoh S, Tanabe Y, Imura S, Kanda H
JARE Data Reports   310(Terrestrial Biology 5) 1-47   2009年
Kudoh S, Kasamatsu N, Hoshino T, Han D-H, Tanabe Y and Kanda H
JARE Data Reports   309(Terrestrial Biology 4) 1-47   2009年
工藤 栄, 田邊 優貴子
日本生態学会誌   58(3) 231-236   2008年11月
国際地球観測年(IGY:1957/58)を契機に開始されたわが国の南極地域観測事業は、現在半世紀を超え、南極域での各種自然科学に関する研究・観測が展開されている。その活動拠点としての「南極昭和基地」の名称は、広く国民に知れ渡っていることと思う。ここで研究・観測活動に携わるためには、「日本南極地域観測隊員」として国家事業を担うべく職務を委嘱され、砕氷船に乗り、現地へ向い、ひと夏(11月〜3月)、あるいは1年4ヶ月間活動をするのが一般的なスタイルであった。近年になって傭船での南極海観測、航空機...

書籍等出版物

 
月刊福祉 2018年9月号
田邊優貴子 (担当:分担執筆, 範囲:連載エッセイ ひと時間 第5回目「季節の変わりよう」)
全国社会福祉協議会 出版部   2018年8月   
月刊「こどもの本」 2018年8月号
田邊優貴子 (担当:分担執筆, 範囲:心にのこる一冊「せいめいのれきし」)
日本児童図書出版協会   2018年8月   
月刊福祉 2018年8月号
田邊優貴子 (担当:分担執筆, 範囲:連載エッセイ ひと時間 第4回目「ミッドウィンター祭」)
全国社会福祉協議会 出版部   2018年7月   
月刊福祉 2018年7月号
田邊優貴子 (担当:分担執筆, 範囲:連載エッセイ ひと時間 第3回目「白夜と極夜」)
全国社会福祉協議会 出版部   2018年6月   
平成30年度 高校英語教科書『PROMINENCE II』
田邊優貴子 (担当:分担執筆, 範囲:Lesson 3 「A Window to Ancient Earth」P.33〜47)
東京書籍株式会社   2018年4月   
月刊福祉 2018年6月号
田邊優貴子 (担当:分担執筆, 範囲:連載エッセイ ひと時間 第2回目「ファンタジーの世界」)
全国社会福祉協議会 出版部   2018年5月   
潮 2018年5月号
田邊優貴子 (担当:分担執筆, 範囲:ずいひつ 波音「南極の季節」)
潮出版社   2018年4月   ISBN:4910018010587
月刊福祉 2018年5月号
田邊優貴子 (担当:分担執筆, 範囲:連載エッセイ ひと時間 第1回目「春の訪れ」)
全国社会福祉協議会 出版部   2018年4月   
SINRA 2017年11月号
田邊優貴子 (担当:分担執筆, 範囲:森羅万象エッセイ「POLAR NIGHT」)
新潮社   2017年9月   
かまくら春秋 2016年9月号
田邊優貴子 (担当:分担執筆, 範囲:光と闇が際立つ世界(連載リレーエッセイ「こころにひかる物語」))
かまくら出版   2016年9月   

競争的資金等の研究課題

 
環境変動下における極域湖沼生態系の生物多様性とその遷移・応答機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(A)
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 田邊優貴子
東南極氷床の融解機構と生態系への影響
東レ科学財団: 東レ科学技術研究助成(研究分担者)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 菅沼悠介
バイカル湖における富栄養化にともなう生態系変質リスクの検証
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)海外学術調査 (研究分担者)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 山室真澄
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 田邊優貴子
総合研究大学院大学: 学融合推進センター公募型研究事業 学融合共同研究
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 田邊優貴子
植生の長期モニタリングに向けた画像のRGB解析法の開発
公益信託エスペック地球環境研究・技術基金: 
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 田邊優貴子
極域における湖沼・陸上生態系の発達と環境変遷の解明に向けた物質循環研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励金)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 田邊優貴子
南極露岩域湖沼における生態系発達史と多様性維持機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 山室真澄
南極陸域生態系の発達・変遷史の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(スタートアップ)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 田邊優貴子
南極湖沼生態系における光合成生物集合体の形態・構造および機能の多様性
総合研究大学院大学: 学融合研究事業 公募型共同研究
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 工藤 栄

Works

 
A Window to Ancient Earth
田邊優貴子   教材   2018年4月
平成30年度 高校英語教科書『PROMINENCE II』(「Lesson 3」に研究活動内容が紹介、P.33〜47)、東京書籍
田邊優貴子   その他   2014年11月 - 現在
ナショナルジオグラフィックWeb版での連載
平成29年度大阪府公立高等学校 入試問題(著書『北極と南極』))
田邊優貴子   教材   2017年2月
動物の楽園 南極半島に生きる
田邊優貴子   芸術活動   2015年4月
週刊新潮・巻頭カラーページ
その他   2013年6月
Newton(iPad版)の監修、および写真・動画の提供

講演・口頭発表等

 
生態系の実験場 〜南極湖沼とその集水域〜(課題講演)
田邊優貴子、工藤 栄
第83回日本陸水学会大会   2018年10月7日   岡山大学 津島キャンパス
南極湖底生物群集の光合成の季節変化、および湖底堆積物による湖沼誕生年代解明に向けた研究
田邊優貴子、國分亙彦、林 健太郎、木田森丸、菅沼悠介、香月興太、川又基人、柴田大輔、藤嶽暢英、工藤 栄
第83回日本陸水学会大会   2018年10月7日   岡山大学 津島キャンパス
南極湖底堆積物の窒素代謝を探
林 健太郎、田邊優貴子、藤嶽暢英、木田森丸、早津雅仁、工藤 栄
第83回日本陸水学会大会   2018年10月7日   岡山大学 津島キャンパス
水中探査機(ROV)を用いた南極湖沼でのベントス生態系のマッピングに資する技術
後藤慎平、田邊優貴子、柴田大輔、香月興太、Rachel Rudd、工藤 栄
第83回日本陸水学会大会   2018年10月7日   岡山大学 津島キャンパス
東南極・宗谷海岸露岩域における溶存有機物の特性評価
木田森丸、小島汰一、田邊優貴子、工藤栄、眞家永光、藤嶽暢英
第83回日本陸水学会大会   2018年10月7日   岡山大学 津島キャンパス
南極から基礎湖沼学研究のオモシロサを学ぶ
工藤 栄、田邊優貴子、柴田大輔
第83回日本陸水学会大会   2018年10月7日   岡山大学 津島キャンパス
Seasonal Change of Photosynthesis of Phytobenthic Communities in Antarctic Lakes [招待有り]
Tanabe Y, Kokubun N Hayashi K, Fujitake N, Kida M, Kudoh S
34th Congress of SIL (International Society of Limnology)   2018年8月21日   Nanjing, China
Seasonal Change of Photosynthesis of Phytobenthic Communities in Antarctic Lakes
Tanabe Y, Kokubun N Hayashi K, Fujitake N, Kida M, Kudoh S
POLAR 2018 (SCAR & IASC Conference)   2018年6月20日   Davos, Switzerland
Seasonal Dynamics in the Extreme Arctic: Ward Hunt Lake, Canada
Bégin PN, Tanabe Y, Vincent WF
POLAR 2018 (SCAR & IASC Conference)   2018年6月20日   Davos, Switzerland
Nitrifiers Still Alive in Antarctic Soils under Moss Vegetation
Hayashi K, Tanabe Y, Fujitake N, Kida M, Hayatsu M, Kudoh S
POLAR 2018 (SCAR & IASC Conference)   2018年6月19日   Davos, Switzerland
Illuminating Dissolved Organic Matter Diversity in Antarctic Lakes and Streams
Kida M, Kojima T, Tanabe Y, Hayashi K, Kudoh S, Nagamitsu M, Fujitake N
POLAR 2018 (SCAR & IASC Conference)   2018年6月22日   Davos, Switzerland
南極湖沼から探る生態系のはじまりと成り立ち [招待有り]
田邊優貴子
KCCセミナー   2018年5月10日   高知大学 海洋コア総合研究センター
58-59次南極観測隊 湖沼調査報告 [招待有り]
田邊優貴子
筑波大学 下田臨海実験センター 特別セミナー   2018年4月27日   筑波大学 下田臨海実験センター
58次夏〜58次越冬〜59次先遣隊〜59次夏の湖沼調査報告
田邊優貴子
極地研定例研究談話会   2018年4月18日   国立極地研究所
南極の湖から原始地球の生態系を探る [招待有り]
田邊優貴子
大学共同利用機関シンポジウム2017   2017年10月8日   大学共同利用機関協議会
Mechanisms of nutrients enclosure inside benthic microbial mats in Antarctic oligotrophic lakes by combination approach of observation data and theoretical study
Yukiko Tanabe, Akiko Mizuno, Akira Sasaki, Sakae Kudoh
The 7th Symposium on Polar Science   2016年11月29日   国立極地研究所(東京)
Diversity of snow algal taxa and pigment compositions of red snow in Mt. Tateyama in Toyama prefecture, Japan
omomi Nakashima, Nozomu Takeuchi, Jun Uetake, Yukiko Tanabe, Kenshiro Miyauch, Chika Okamoto
The 7th Symposium on Polar Science   2016年11月29日   国立極地研究所(東京)
Development an analytical method of RGB data for vegetation survey of terrestrial ecosystem on Antarctica
Akiko Mizuno, Yukiko Tanabe
The 7th Symposium on Polar Science   2016年11月29日   国立極地研究所(東京)
南極の貧栄養湖沼の湖底マット内への栄養塩囲い込みメカニズム
田邊優貴子、水野晃子、佐々木顕
第81回日本陸水学会大会   2016年11月6日   琉球大学(沖縄)
Mechanisms of nutrients enclosure inside benthic microbial mats in Antarctic oligotrophic lakes by combination approach of observation data and theoretical study
Yukiko Tanabe, Akiko Mizuno, Akira Sasaki
XXXIII Congress of SIL (International Society of Limnology)   2016年8月2日   トリノ(イタリア)

担当経験のある科目

 
  • 先端地球科学通論 (総合研究大学院大学)
  • 科学とジェンダー (早稲田大学)
  • フィールド科学のすすめ 〜水辺の自然環境〜 (早稲田大学)
  • ニューズライティング入門(科学A) (早稲田大学大学院政治学研究科)

委員歴

 
2018年8月
 - 
現在
SIL(国際陸水学会)  Education Committee
 
2018年4月
 - 
現在
国立極地研究所  第9回極域科学シンポジウム実行委員
 
2015年4月
 - 
現在
東京外国語大学 フィールドサイエンス研究企画センター  フィールドネット運営委員
 

社会貢献活動

 
北極と南極:生まれたての地球に息づく生命たち
【出演】  エイ出版  PEAKS 2015年11月号  2015年10月
生命を思いきり謳歌する
【出演, インタビュイー】  文藝春秋 2015年11月号  2015年10月
進学情報誌『さぴあ』2015年11月号
【出演, インタビュイー】  サピックス小学部  2015年10月
すてきな南極・北極のものがたり
【講師】  足立区ギャラクシティ まるちたいけんドーム  2015年9月5日
HOPEに会いにいく
【出演, インタビュイー】  トヨタ自動車  トヨタ広報誌『H2OPE』vol.1(2015年夏号)  2015年9月
南極の湖から原始地球の生態系をさぐる
【講師】  立川ワシントンホテル  極地研 サイエンスカフェ特別講演  2015年8月31日
北極調査・最前線!
【出演】  TBSラジオ  「荻上チキのSession-22」  2015年8月20日
誰も見たことのない世界を描き出す -自然科学者として地球の果てで仕事をする-
【講師】  三重県立津西高校  2015年8月16日
南極の星空の中で南極体験しよう
【講師】  長岡市青少年文化センター プラネタリウム  2015年8月12日
『北極と南極』で見たすてきな生きもの
【講師】  ジュンク堂書店 池袋本店  サイエンスカフェ  2015年8月7日
早稲田大学大学院政治学研究科 ニューズライティング入門(科学A)
【インタビュイー, 取材協力】  早稲田大学  2015年7月
大人のための植物の学校 第4回
【講師】  イイギリ  2015年3月
「あおもり立志挑戦塾」特別講演
【講師】  青森県庁 企画政策部  2014年10月
秋田県平沢小学校 出前授業
【講師】  NPO法人 エヌポック  2014年9月
「~自然・生命を考える~」特別講演
【講師】  青森県看護協会  2014年9月
青森県立田名部高等学校 特別講演
【講師】  青森県立田名部高等学校  2014年9月
とよた科学体験館 特別講演
【講師】  豊田市文化振興財団  2014年9月
中央区プラネタリウム「もっと知りたい!天文・宇宙のトビラ」特別講演
【講師】  東京都中央区教育委員会  2014年8月
秋田県にかほ市 市民公開講座
【パネリスト, 講師】  NPO法人 エヌポック  2014年9月
秋田県由利本荘市立尾崎小学校 出前授業
【講師】  NPO法人 エヌポック  2014年9月
横浜市中学校長会 夏の特別セミナー
【講師】  横浜市中学校長会  2014年8月
特別講演
【講師】  新潟県立自然科学館  2014年5月
世田谷プラネタリウム 天文講座
【講師】  世田谷区教育委員会  2014年3月
「広学スーパーアカデミア」特別セミナー
【講師】  広尾学園中学校高等学校  2014年3月
夢研究所「d-labo」セミナー
【講師】  スルガ銀行  2014年1月
コニカミノルタプラザ特別企画「北極・南極展」公開講座
【講師】  コニカミノルタ  2013年12月
講演会
【講師】  東京青森県学生寮  2013年11月
「南極講演会~トークショー『ようこそ南極へ!』
【パネリスト, 講師】  兵庫県豊岡市  2013年9月
青森県グローバル人財養成セミナー 公開講座
【講師】  青森県庁  2013年9月
理数フロンティアセミナー
【講師】  東京都立墨田川高等学校  2013年8月
特別展「南極の自然」特別講演
【講師】  愛媛県総合科学博物館  2013年8月
トークショー
【講師】  八重洲ブックセンター本店  2013年8月
市民講座
【講師】  柏シルバー大学院  2013年2月
特別講演
【講師】  関西大学付属第一高等学校  2012年7月
夢実現 サイエンス・キッズ プロジェクト「科学の夢」講演会
【講師】  青森県教育庁  2012年8月
南極フロンティア展 サイエンスカフェ
【講師】  北海道大学総合博物館  2012年8月
理数フロンティア特別セミナー
【講師】  東京都立葛飾野高校  2012年7月
特別講演
【講師】  東京青森高等学校同窓会  2012年5月
八戸市民大学講座
【講師】  八戸市教育委員会  2011年8月
特別記念講演
【講師】  青森市立荒川中学校  2011年1月
小中高校生「青い森水辺に学ぶ環境」特別講演
【講師】  青森県教育庁  2010年8月

その他

 
◎査読論文
Polar Biology
Ecological Research
Marine Ecology Progress Series
Population Ecology
Limnology
Microbial Ecology
Journal of Phycology
Polar Science
Antarctic Records
Advances in Polar Science
◎極地野外調査歴
2007年11月〜2008年3月:第49次日本南極地域観測隊 夏隊
2009年11月〜2010年3月:第51次日本南極地域観測隊 夏隊
2010年7月〜8月:北極スヴァールバル諸島
2011年11月〜2012年3月:第53次日本南極地域観測隊 夏隊
2013年2月:ウガンダ・ルウェンゾリ山地
2013年7月〜8月:北極スヴァールバル諸島
2014年7月〜8月:北極スヴァールバル諸島
2014年10〜12月:5カ国国際南極調査隊(アンターセー湖)
2015年1〜2月:スペイン南極観測隊バイヤーズ半島調査隊
2015年7月〜8月:北極スヴァールバル諸島
2015年11月〜12月:6カ国国際南極調査隊(アンターセー湖)
2016年7月〜8月:カナダ北極 ワードハント島・エルズミヤ
2016年11月〜2018年3月:第58次日本南極地域観測隊 越冬隊
2018年7月〜8月:カナダ北極 ワードハント島
2018年9月〜10月:ロシア・バイカル湖